チャンピックス体験効果

タバコをやめたい人にはチャンピックスが一番と思います。

禁煙にチャレンジしました

アクセスありがとうございます。
このブログは私がチャンピックスを飲んで禁煙に成功した体験談、チャンピックスをやめた後のご報告です。

 

禁煙をされたい方にお役立ていただければ嬉しいです。

 

まず私の喫煙歴ですが、21歳から吸い始め、最初の内は1日10本程度でしたが、知らない間に1日一箱を越えるようになり、一日平均30本くらい。
45歳まで一度も禁煙したことはありません。かなりのヘビースモーカーですね。

 

そして今回タバコを止めようと思ったきっかけは単純にタバコが年々値上がりしていくから。

 

決してタバコの値段が気にならないくらいの経済状況ではないので一念発起、禁煙しようと思い立ちました。

 

ただ24年の習慣やニコチン依存から抜け出せるのか、かなり疑わしかったですが。
禁煙の薬
さてチャンピックスですが、ご存知かと思いますが禁煙の治療薬です。単なるサプリではなく薬ですのでお間違いのないように。

 

このチャンピックスは後述しますが薬局で市販が認められていません。専門の病院で処方してもらうか海外の正規品のネットから購入という形になります。
上の画像は私がネットで買ったチャンピックスが郵送されてきたものです。

 

さてこのチャンピックスを飲んで、どういう風に禁煙成功となっていくかですが、皆様は禁煙外来をご存知でしょうか。

 

禁煙外来というのは医師の診断の元、チャンピックスを処方してもらったり、禁煙の経過を医師が見て進捗を図るというもので、私は何度か行きましたが途中で行くのを止めました。

 

理由はあまり必要性を感じなかったからです。

 

禁煙外来を通い続けたからといって禁煙の成功確率は上がらないと思ったのが理由です。
結局、経過を見てチャンピックスを処方されるだけなので、自分でチャンピックス買って禁煙に励んだ方がいいなと感じました。

 

話を戻しますが、この禁煙外来は12週チャンピックスを飲み続けて禁煙を成功させましょうというものです。

 

ですので12週でどういう風に変化していったのか綴っていきます。
タバコを止める為のパッケージ
さてチャンピックスの初日から3日目までは、禁煙の準備期間として0.5mgの錠剤を1日1回服用します。

 

チャンピックスは初日から終わりまで同じペースで飲んでいくわけではなく
段階的に飲む量を増やす薬で、初日から一週間は準備期間なので喫煙しても良いとなっています。
飲み始め

 

上の画像の青の背景の@は7日間の分で0.5mg、Aの緑の背景は8日目から14日目までの分になります。

 

この三日間飲んでみての感想ですが、三日とも夕方に仕事が終わり、食事をした後に飲みました。

一日目から三日目

初日、二日目は飲んだからといって何も変化は感じられずで三日目にチャンピックスを飲んだ後は、少しタバコがマズイかなと感じましたが、いきなりそんな変わらないだろうというか、チャンピックスを飲んだと意識してるから、そう感じたんだろう程度でした。

 

ちなみにこの三日間は禁煙するぞ!という気分でもあったので喫煙本数は1日12、13本。やる気の割に本数が多いかも(笑)

四日目から七日目

そして四日目から七日目までは1日一回の服用だったものが1日2回になります。

 

この2回をどのタイミングで飲むべきか悩んだのですが、当然一回目と二回目の飲む感覚は空けないといけないので、朝に飲むのは仕事前ということもあって少し引っかかりはありましたが朝と夕食後に飲みました。

 

四日目の朝に飲んだ後は少し気だるい感じはありました。
まぁ体がチャンピックスに慣れていないので無理はないかと思いましたが、眠気が襲ってくることはなかったです。

 

四日目の朝に飲んだ後、日中はどうだったかというと特に変化なし。

 

チャンピックスを飲み始めてからは意識にタバコを減らそうとは意識していますが、また四日目なので、タバコがマズイ…と止めたい方向には進んでいない感じでした。
準備期間である七日目の時点で、こんな感じでは禁煙失敗するだろうなというのが正直な感想です。

 

八日目で本当の禁煙期間

さて、いよいよ八日目でここからが本当の禁煙です。ここからは飲むチャンピックスは1mgで1日2回となります。

 

まず八日目の朝に一錠を飲みました、
1mgとなり何か体に異変など起こらないかと思っていましたが特に異変や変わった感じはありませんでした、体がチャンピックスに慣れている証拠でしょうか。しかしいくら慣れても禁煙できなければ意味はありませんが。

 

この日から禁煙ということもあり、チャンピックスで禁煙されている方のブログなどを拝見させていただくと、例え八日目であったとしても、いきなり喫煙本数を0にして、逆にストレスがあっては本末転倒なので、吸っている方もいらっしゃり、その方はチャンピックスで禁煙成功されたと記載があったので、私もそういうつもりでした。

 

ただ七日目までとは違い我慢する気持ちや吸ってはいけないという気持ちは強く持っていました。

 

結果的に八日目は特にタバコをマズく感じたからというわけではなく、禁煙しないといけないとの思いで1日の喫煙本数は9本でした。

 

まぁ本当は0が理想でしたが、個人的には1日6本で終わったというのは過去に記憶がないくらいのことで上出来とします。

 

結局タバコが上手いと感じてる間は止められない。チャンピックスはマズイと感じさせてくれるから止められるわけで、チャンピックスを飲み続けていれば、その内、我慢しないと…からタバコ吸いたくないに変わるだろう程度の感覚でした。

 

人それぞれの考え方ややり方があると思いますが、私の場合は少し幅を持って考えるというか、完璧主義ではありません。

 

白か黒かできたかできていないかではなく、黒から白に行く途中の灰色でも、自分わ否定せず、失敗したと黒に逆戻りしません。

 

決めたことをしっかり守れるほど立派な人間てはないので、ぼちぼち進ませます。

 

チャンピックスは12週に渡って服用するものですが、12週というと84日間なわけで、まだ先は遠いと思う反面、八日目を終わっても禁煙てきそうという兆しすら現れておらず、禁煙失敗したと思いたくないので、84日を来ないで欲しいという自分もいたりという感じです。

28日目経過

止められるかなと疑問を感じながら、飲み続け、28日目経過した段階でもタバコがマズイと思えない自分かいましたが、この頃からタバコの本数が減りました。八日目で9本吸っていましたが、この頃から5本に減少。

 

本当は八日目から吸ってはいけないのて、まだこの段階で吸っていたのかと思われるてしょうけれど、私は自分に甘いのでお許し下さい。

 

28日目でタバコの味の変化は感じませんでしたが、吸いたいと思う衝動が減った、吸いたいと思っても、以前であればニコチン依存が勝ってしまい、そのままタバコに火をつけていましたが、この頃から自分な意思で太刀打ちできるようになりました。

 

こうなった心理メカニズムはよく分かりませんがチャンピックスが関係なくはないでしょう。

 

この時、始めて禁煙できるかもとニヤッとしました。

 

どの段階でどういう変化が起こるかは当然個人差があるのですが、私よりも全然早くに吸いたい気持ちに打ち勝つこともできた方もいらっしゃいましたし、私より後の方もいました。

 

ですから、こればっかりはご自身で飲んで気づいていただくしかありませんね。

35日目あたりからタバコに対しての味が変わった

そこからら一週間後の35日目あたりからタバコに対しての味が変わったというか食後のタバコは一番美味しいと感じていましたが美味しいと思わず、今までの習慣でタバコには火をつけますが、美味しいと思わないのですぐに消すという事を繰り返している内に、ついにタバコは要らないとなりました。

タバコ0で禁煙スタート

いよいよここからタバコ0の生活が始まります。
ホント誰が驚いてるって自分が一番驚いています。

 

これ以降タバコが一切欲しくなくなるのかというと、そこいうわけではありませんでした。でもタバコ0の生活を始めてから、最初は吸いたい誘惑は少し襲ってきたので、完全に打ち勝ち、吸いたい衝動が出なくなるまで、どうしたかというとガムで代用。タバコを吸いたいって思ったらガムを噛む、飴を舐めるという感じで乗り切りました。

 

こういう感じでタバコ0の日が続き84日目まで、ここは真面目に続けました。

 

そしてその頃にはタバコを吸いたいという衝動が全くなくなりました。恐らくまだタバコを毎日吸われる方は、そんなバカな…と思われているでしょう。実際まだ私が禁煙を始める前に禁煙成功された方のブログを見て、そんなバカなと思いました、この人はきっと意思が強いに違いない…。完全に信じてませんでした。
しかし自分がこうなってみて、薬でここまで変われるのかと改めて実感。

 

素人なのでタバコを吸いたいという意識や欲求や感覚なんて、タバコを止めた今でも、薬でどうして消せるのか。医学の力?
何にせよスゴイです。

 

ちなみに私は意思は強くないと自信を持って言えます。

 

何事も続かずでしたが、どうせタバコを買い続けるし健康を害したら余計お金がいると経済的な面から始めたチャンピックス、皆さんもこれをご覧いただいているので禁煙しようかなと少しお気持ちがおありかと思います。是非一度だけてもチャレンジして下さい。失敗したっていいだろうくらいが良いと思います。

 

失敗したって元の喫煙生活に戻るだけで何かを失うわけではありませんからね。極端な話、一度失敗した方も、また再チャレンジでも良いでしょう。タバコを止められるタイミングって人それぞれだと思います。

 

若い時にチャレンジしたけど失敗した場合でも、年齢を重ねれば体調や体力、ホルモンの分泌など様々な部分が変わるので、もしかしたら再チャレンジでタバコを止められるかもしれません。とにかく一度トライしてみて下さい。

禁煙から一年後チャンピックス(をやめた後)の追記

チャンピックスを飲み始めて一年経過したので、どういう変化があったか記載しておきます。
@体重は少し増えました。でも毎月タバコが15000円ほど使っていたのが浮いたので、毎月6800円で週一でジムに通ってます。

 

前までは運動なんて面倒と思っていましたが、色々な面で前向きに活力になれた感じです。
どこかで見たことありますがタバコは気力や活力も落ちると書かれていたので、禁煙した蘇った感じで確かにそうだと実体験として感じました。

 

A乾燥肌が改善しました。元々乾燥肌で冬は酷く掻いたり、薬塗ったりでしたが一切必要なくなりました。これは禁煙の効果に加えて運動しているので代謝がアップしたことによるものと思われます。

 

B味覚はよく分かりません。禁煙したら食べ物が美味しく感じる、味覚が変わると言いますが、特に変化なしか私が鈍感なのでしょう。

 

C自宅でタバコを吸う時は部屋がヤニ臭くなるのが嫌なので窓を全開、換気、空気清浄機をして吸ってましたが夏は暑い、冬は寒いところで吸っていたのですが、これが解消。電気代も減りました。

 

D無駄な時間が減った。タバコを一本吸い切るまで、どれだけ時間を使うかは人それぞれ、状況によって吸い切る前に消すということがありますが地味にタバコを吸う時間は、仮に一本3分で吸ったとして20本吸えば一時間。それが毎日となると…。

 

何かをしながら並行的に吸ってる方もいらっしゃると思いますが、やはり今となっては時間の無駄使いと感じています。

 

E飲み会で肩身の狭い思いをしなくて済むようになった。飲み会やオフ会など行くのですが、皆喫煙しない場合は困りましたし、禁煙席で飲み会があった時は一人喫煙ルームに行くことらありましたが、こういう心配なくなりました。

 

Fタバコの匂いに敏感になった。タバコを止めてから喫煙する知人の家に行ったり喫煙してる近くに行くとタバコ臭かったりと、タバコに敏感になりました。こうやって私は周囲にタバコ臭を出し、嫌がられていたのかなと感じましたね。

 

以上が主な変化です。

 

あとチャンピックスですが、確か前に書きましたが市販されていません。購入される場合は海外の薬のサイトから買えますが、最安値を探そうと、とにかく安ければ…と思って飛びつかない方がいいです。
粗悪品や偽物が出回っているようなので。

 

ちなみは私はチャンピックスは三つのお店から買いました。三つというのは最初に買ったところは正規品でしたが、次買おうと思った時に正規品で1店舗目より安いところを見つけ、続いてまた買おうと思った時に2店舗目より安いところで本物の店舗を見つけたらです。

 

一応、3店舗を載せておきます。
他の海外の薬の通販サイトは本物かどうか分かりませんのでお買い物の際は、本物かどうかよくお確かめになってご購入下さい。

 

稚拙な文章でしたが、ご覧いたたぎ心より感謝申し上げます。

 

正規品のチャンピックスの最安はこちらです